2010年04月14日

橋下知事の「大阪都」、平松市長が「目くらまし」(読売新聞)

 大阪府の橋下徹知事が提唱する府市再編による「大阪都」構想について、大阪市の平松邦夫市長は8日の記者会見で「体制を変えればメリットにつながるというのは目くらまし。大阪都が何かを変えるなんて幻想に過ぎない」と批判し、考え方の違いを強調した。

 平松市長は「構想の実態が見えない」としたうえで、大阪市と周辺市を人口30万人規模の「特別区」に分割する案が浮上している点について、「上から目線という感じがする」とけん制。また、橋下知事をトップに19日に旗揚げする地域政党「大阪維新の会」が、大阪都構想を掲げて来春の市議選で過半数獲得を目指す動きについて、「自分の意見を聞かない者は敵という知事の手法は余りにもワンパターンだ」と指摘した。

 一方、市議会最大会派の自民党市議団は8日、緊急総会を開き、維新の会への参加について、議員個人の判断に委ねることを確認した。市議団としては参加しない方針で、府市再編のあり方について同党府議団と合同で勉強会を開き、結束を固める考えだ。

井上ひさしさん「少し時間を」…母校の校歌未完に(読売新聞)
救急救命士国試、合格率84%(医療介護CBニュース)
地域医療強化、4年で4兆円=自民(時事通信)
【新・関西笑談】喜びを力に、共に生きよう(2)(産経新聞)
富士通 野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
posted by クマクラ トシハル at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。